読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

J1第23節 湘南ベルマーレ対川崎フロンターレ チョウさん。俺にだって責任はあるよ

心配です。

それは湘南ベルマーレが負けがこんでいるとか降格するんじゃないかとかそういう話じゃなくて。

試合後のインタビューを見て。

僕はただただチョウさんのことが心配なのです。

 

打ち合い。そして敗戦

この日は首位川崎とのゲーム。

序盤からボール保持に勝る川崎に押し込まれつつもセットプレーやカウンターでなんとか応戦。力量差から考えてある程度やられるのは想定内なのである意味スカウティング通りといえるかも。

ただ前半32分。バイアが釣り出され車屋と征也が1対1。

さらに48分。またしても征也と車屋の1対1の状況を作られ失点。正直これを征也のせいにするのはかわいそうであんな危険なエリアで1対1の状況を作られたらやられます。

(相手のフォローの状況とかを考えるとむしろ1対2とかの数的不利レベル)

川崎に中野が出てきた時にすごいなあとか思ってたけど車屋はそれに輪をかけてやばい。あれを人数で押さえ込むと他が空いちゃうからだから征也が1対1で対応するわけで。それがその状況で貧乏くじを引く形になった征也悪いのかというとそれはちょっと・・・。

試合はコーナーキックから3失点目。

3失点したことで布陣はギャンブルっぽく。大竹、アーリア、ウェズレー。

川崎は疲労もあったか試合がオープンになりこのギャンブルがはまります。

63分大竹。90分バイア。

1点差まで追い詰めますがあと一歩届かず敗戦を喫してしまいました。

大竹を最初から使えという意見は凄くわかるけどナビスコ鹿島戦の後のリーグ戦の出来とか好不調の波とか確かに躊躇する要因は結構あったりも。

相手が自分たちの良さを消してくるチームのときにものすごく消えてしまったり。

いい時は本当にすごいんですけどねえ。

 

俺にだって責任はあるよ

試合後のインタビュー。チョウさんがいつもと様子が違うのはわかりました。

はっきり言えば心配。

それは監督が辞任してしまうんじゃないかとか、心が折れてるんじゃないかとかそういうことではないです。

はっきり言えば体が心配です。

あのインタビューを見ててこのまま監督を続けて倒れてしまわないかとか、心配なのはそういうことなんですね。

そしてチョウさんは全ての責任は自分にあると言うんだけど、責任は俺にだってある。

だって俺はチョウさんよりはるか前からこのクラブを応援してきているわけです。

それなのにこれだけ長い時間クラブを見てきてこのクラブのためにほとんど何もできていない。それはシーズンチケット買ってるから金銭的に義務は果たしてるとかそういう話ではなくて。

例えば去年選手のためにお風呂をつくろうとなった時に目標金額が集まらずそれを(おそらく)なんらかの形で穴埋めしたわけです。

またこのクラブは男性の一人観戦が多いです。それは悪いことではないのかもしれないけどサポーターの輪を広げるということを考えたらその現状は変えないといけない。この10数年間僕がもっとスタジアムに友達を連れて来たりもっとこのクラブの魅力を伝えていけば少しはその状況は変わっていたのかもしれない。

もっと出来たことがあったのかもしれない。ずっとこのクラブを見ていて良いところも悪いところもわかっているはずなのにいろんなことが出来てない。

サポーターというのは仕事ではないから義務ではない。だからそんな責任は僕に無い。ただ監督や選手やフロントに責任を全て押し付けるのはなんか違う気がする。

チョウさんのあの苦しそうなインタビューを見たときに、俺は悪くないわとはどうしても思えなかったんです。

 

最後に

最後に。こんなこと言ってはいけないのかもしれないですけど。

チョウさん。

どうしても苦しくて体が壊れそうだったり心が壊れそうだったりしたら無理しないで休んでください。

ベルマーレの未来とか選手の未来とかチョウさんに色々なものを背負ってもらってるけどひとりの人間にそこまで背負わせてしまうこと自体に責任を感じています。

僕はベルマーレの未来とかそういうものよりもチョウさんが壊れることがなにより怖い。

最後まで一緒に戦おうとは言いません。本当に無理だったら戦わんでいい。

僕はそう思っております。

ただただ健康に気をつけてください。