ランダムおすすめ記事

ホームページ作りました

大晦日を越えた元旦に石原直樹を語る。

 

2019年の12月30日。

2008年の12月31日にお別れをして以来あの石原直樹がついに戻ってくることになりました。

彼がいなくなってもう10年以上経過するのだから彼を知らないサポーターもたくさんいると思う。

ただ2020年1月1日。

あの直樹が帰ってきてベルマーレの選手として大晦日を越えられた。これは本当に嬉しいことなんだ。

 

 

続きを読む

2019年J1昇格プレーオフ決定戦 湘南ベルマーレ対徳島ヴォルティスのMVPは?結果発表

f:id:sr2460:20191221095630j:plain


はい!恒例のアンケートの結果です!

2019年J1昇格プレーオフ決定戦 湘南ベルマーレ対徳島ヴォルティスのMVPは?

 

 

 

続きを読む

ある日の馬入と梶川裕嗣

2014年。

湘南ベルマーレに大学から一人のゴールキーパーが加入する。

特に騒がれることはなくひっそりと。

この年のゴールキーパー陣は秋元陽太、阿部伸行、鈴木雄太。

梶川裕嗣は3番手。いやおそらく4番手だったのではないだろうか。

梶川のプロ生活は湘南ベルマーレで始まっている。

 

続きを読む

J1参入プレーオフ決定戦 湘南がもっとも追い詰められた日。湘南ベルマーレ対徳島ヴォルティス

湘南ベルマーレというクラブがとにかく否定をされた一年。

それはもちろん内部の不祥事もあったけど、メディア、外部の人間、環境。

とにかくすべての事象が湘南ベルマーレというクラブを否定していました。

「オマエタチハイラナイ」そう言われているような。

これは今年一年湘南ベルマーレというクラブで戦い続けた人間だからこそわかる感覚。

そうでなければ絶対に分からない感覚。

そして僕もその人間だったからわかることがある。

「今年落ちたらもう這い上がれない」

この状態で落ちたら本当にすべてを否定されてしまう。

それほどベルマーレというクラブは追い詰められていたと思います。

そして回ってしまった運命を決める一戦。そこで迎え撃ったのはJ2からの刺客。

かつての湘南戦士。

しかしそれは。間違いなく最強の敵でした。

 

続きを読む

最終節の松本山雅戦のチケットを確保できていない人のためにまだチケットが余っている情報を集めよう

多分皆様すでにチケットを抑えていると思うのだけれどうっかり忘れてしまった人や急に行きたくなった人。

お友達が来たがっているという人のためにまだベルマーレサポーターがスタジアムに来られるかをチェックしました。

 

少ないながらも情報有り

続きを読む