読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

あの日泣いた高山薫

2015年湘南ベルマーレ
 

2013/8/24

68分。大竹洋平のスルーパスに高山薫が反応。フリーの状態で放ったシュートは。しかし枠外に逸れていく。

 

2013/8/24  湘南ベルマーレ1-2ヴァンフォーレ甲府 試合終了

湘南ベルマーレ。ヴァンフォーレ甲府に敗れる。

試合終了後。チョウ・キジェ監督がShonan BMWスタジアムのゴール裏に現れる

 

「選手たちは一生懸命この結果に向き合ってやってくれてるんで」

 

「でも結果だよ!」

「練習一生懸命やったって、試合で出来なきゃしょうがないんだよ」

 

・・・

 

「高山はシュート外して泣いて謝ってたんで、もうそれを責めてもしょうがないんで」

「選手に今こさせるわけにいかないから・・・」

www.youtube.com

 

 

 

2013/8/24  湘南ベルマーレ1-2ヴァンフォーレ甲府

勝ち点差1で迎えた直接対決。敗れた湘南ベルマーレと勝利したヴァンフォーレ甲府との勝ち点は、その後絶望的なまでに広がっていく。

 

2013/11/23

湘南ベルマーレJ2降格。

 

 

同年。高山薫の柏レイソルへの移籍が発表される

 

 

あの日泣いた高山薫は。湘南ベルマーレを離れることになった。

きっともっと上に行くために。

 

2014/9/23

湘南ベルマーレ。1年でJ1の舞台に返り咲く。史上最速昇格という記録とともに。

 

2014/12/24

高山薫。湘南ベルマーレに電撃復帰。名門柏レイソルでレギュラーを掴んだ男のまさかのカムバックだった。

もう一度本気で湘南の一員として戦いたいと思いました」

 

高山薫は2015年のJ1を湘南ベルマーレで戦うことを選択する。

きっと今度は湘南ベルマーレとともに上を目指すために。

 

 

2015/4/4 

復帰後初ゴール

 

2015/4/29 64分

復帰後ホーム初ゴール。ゴールが決まった直後。走り出す。ゴール裏へ飛び込んでいく

 

2015/4/29 18:00頃

湘南ベルマーレ。屈辱の3連敗を乗り越え勝利を掴む。

チームを救ったのはあの日泣いた高山薫だった。

 

「この前みたいな気持ちの見えない試合はもうしないんで」

 

その言葉とともに、平塚の空にチャントが響く。高山薫のチャントがいつまでも。

 

 

あの日泣いた高山薫。あの日チームを離れた高山薫。

あの日再びベルマーレを選択した高山薫。

きっと簡単ではない決断。

簡単ではない状況。だからこそ彼は結果で証明し続ける。

自分が再び戻ってきたということを。

もう一度本気で湘南の一員として戦うということを。

 

今期すでに6得点。

きっとそれは悔しさを味わった男の物語。

あの日泣いた男のエースの証明。