読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

J2 第23節。水戸ホーリーホック対アビスパ福岡。白熱の試合は2-2のドローで決着

水戸ホーリーホックとアビスパ福岡の一戦。

ベルマーレサポーター的にも注目な新加入のウェリントンは遠征に帯同しませんでしたが亀川は先発。

水戸の方も宮市はベンチ外だったものの馬場ちゃんと岩尾は先発出場しました。

 

福岡ペースの前半

前半は福岡ペース。

福岡は1トップの後ろに4枚並べて水戸のビルドアップを無効化しにかかります。

この守備が実に上手くハマりホーリーホックはほとんどボールを前進させることができませんでした。

 

美しい4枚のライン。スライドしながら相手を追い込む。

f:id:sr2460:20150713113013p:plain

 

ボランチが下がってボールを回したりしていましたが逆に中盤の人数が足りなくなっりボールを循環させられませんでした。

結局アビスパ福岡の亀川と金森のオリンピックコンビにサイドを切り裂かれ先制を許してしまいます。

 

 

 

後半は一変して水戸ペースに

しかし後半になり戦況は一転します。

CB二枚がボールを動かしてSBは勇気を持ってあらかじめ前進(4バックでしたよね?)。さらにサイドラインギリギリにはりだすことで相手の中盤4枚に対策を打っていました。

ボランチもほとんどDFラインまで落ちることはなくなりました。

アビスパの4枚のブロックはボールに合わせてスライドするときに中央を固めるので、逆のサイドが空く傾向があったのでそのスペースを水戸が巧みについていました。

 

f:id:sr2460:20150713113514p:plain

 

4ラインを突破して、サイドにボールが渡ったらFWをサイドに流れ込ませる。

相手がケアしてきたら真ん中を使う。

きちんと対策してきた西ヶ谷監督はやはり修正能力に長けている予感がします。

 

しかし追加点がアビスパ福岡に。サイドバックのポジションの高さがあだとなります。

サイドに入ったボールを坂田がカット。そのまま速攻をくらってしまい中原秀人がゴール。水戸は押していただけに悔しい失点でした。

しかしここで折れないのが今のホーリーホック。水戸のペースは依然として続きます。

そしてついに反撃の狼煙が!

船谷のロングボールから馬場賢治の美しいボレーシュート!元ベルマーレ戦士の追激弾で1点返します。

f:id:sr2460:20150713114141p:plain

 

さらに水戸はPKを獲得。山村が落ち着いて流し込み2-2。

このプレーで福岡FWの酒井が退場したため、栃木SC戦に続き大逆転の予感が・・・。

しかしそこはやはり盟主福岡!

神山選手を中心に守り倒します。とくに終了間際のビッグセーブがでかかった。

結局試合は2-2。非常に面白い、白熱した試合でした。

 

福岡はウェリントン次第。水戸は順位を上げる予感

前線からプレッシングをかける戦術。さらにサイド攻撃が得意なアビスパにウェリントンはうってつけの存在。彼が早めに馴染めば快進撃が待っていると思います

水戸は新監督の西ヶ谷監督がかなりしっかりしていて、この監督のもとでチームを再建すれば順位を上げるのではないでしょうか?

なにしろ白熱の好ゲームで見た甲斐がありました。