読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

ニンジャスレイヤー。不滅のニンジャソウル4 ケオスの狂騒曲 ~マグロサンダーボルト・・・?~

 

_人人人人人人人人人人人人_
> マグロサンダーボルト <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

ダメ、薬物

このお話は薬物にはまってしまったヤクザであるハシバがラッキージェイクと間違えてニンジャスレイヤーによく分からない装置を取り付けた結果、みんながさっての方向に全力疾走してしまう物語なのだった!!!

 

なんだかおかしなところ

 

①担当者がラリっていたとしか・・・

ニンジャスレイヤーとラッキージェイクは「実際似ていない」。

なぜこんなことになってしまったのか?それは担当者が実際ラリっていたからだ。

・・・いやこのお話を書いた担当者もラリっていたんじゃ・・・。

 

②見えない敵を超難敵と思い込むニンジャスレイヤー=サン

実際手違いからひたすら走り続けなければいけない運命となったニンジャスレイヤー=サン。その執念。全貌の不透明さから敵はものすごいやつらだと思い込んでいます。

うん・・・手違いなんだよ。手違い。

「でも俺はマジでジェイクを捕えたんですよ。それ一瞬でニンジャスレイヤーだかになった?つまりこうだジェイクがニンジャスレイヤー

 

 

・・・。

・・・。

 ある意味恐ろしいけどね・・・。

 

③チバくん・・・?

冷酷。そして王者の風格を備えた男。

ラオモト・チバ。このヤクザ達の勝手な行動を見過ごすわけがありません。

しかし・・・。

 

「豚でも見分けがつくぞ。もう少しマシな嘘をついたらどうだ。」

                                                 ↓

(((仕事中にラリっているような奴が、ニンジャスレイヤーに爆弾を装着できるとでも思っているのか……?)))

                 ↓

グンバイで口元を隠したまま、戦略チャブの斜め前にいるアガメムノンを見やる。参謀も判断を保留し、硬い表情で首を横に振った。

                                                        ↓

チバ「まあいい、顛末はあとで聞く!殺せば良し!」

 

 

思考停止したーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

そしてアガメムノン先生にもわけがわからないことはあったんだね。

 

④伝染する狂気

実はこのお話。緊張感はすごいです。敵側もやっていることは大真面目。

だから緊張感はすごい!だけどなんかおかしいのです。

 

 

 

 

 

 

・・・なんだこれ。なんだこれ。

 

 

⑤最高級ルームランナーを全力で届けにくる凄腕美人ハッカーのナンシー=サン。

走り続けるニンジャスレイヤーを救うため凄腕美人ハッカーのナンシー=サンは選択する。最高級ルームランナーをニンジャスレイヤーのもとに届けることを!!!

・・・

・・・

・・・

 

f:id:sr2460:20160603111337j:plain

 

 

なんだこれ!!???

 

 

⑥薬物ダメ。ゼッタイ。

結局この騒動を引き起こしたハシバ=サンは最後に身を滅ぼしてしまいます。

いろんな人にも迷惑をかけてしまいました。

薬物によって人生が終わってしまう・・・。周りにも迷惑がかかる。

薬物って本当に怖いですね。

薬物ダメ。ゼッタイ。

・・・

薬物ダメ。ゼッタイ。

 

ニンジャスレイヤー ケオスの狂騒曲 (不滅のニンジャソウル # 4)

ニンジャスレイヤー ケオスの狂騒曲 (不滅のニンジャソウル # 4)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,わらいなく,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/03/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

結局なんだったんだこのお話は!??

 

他のニンジャスレイヤーのお話

ニンジャスレイヤー カテゴリーの記事一覧