読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

J1 第13節 湘南ベルマーレ対ベガルタ仙台 喫してしまった致命的な2連敗

2016年湘南ベルマーレ 2016年湘南ベルマーレゲームレビュー

残留するためには連勝したかった。せめて1勝1分で・・・。

そう思っていた試合を2つとも落としてしまいました。

 

CB3枚と大介ボランチ

この日の布陣は4バック・・・?でもこれだとシマが4バックの中央??

大丈夫?・・・とか思っていたら普通に3バックでした。

 

実際はこう

f:id:sr2460:20160523151109j:plain

 

三竿をWBにアップして。後ろを坪井島村岡本。まずは守備から。

 

しかし試合は序盤から仙台が湘南をボコボコに。前のプレスをかわされ3バックの横を狙われます。前でのプレスはうまくいかないけど撤退戦ではなんとかしのげる守備の面々。理想とする形とは違うけど、それでもなんとか試合を作っていきます。

ただ大介のボランチはいかにも窮屈そうでした。彼を中央で使うならやはりもう少し前かも・・・とも。守備陣のビルドアップの質なども相まってほとんど前線にボールを運ばせてもらえませんでした。

 

立て直した後半。しかし失点し・・・。

後半は岡本に変えて下田北斗。

大介をWBに戻し三竿をCBに。下田北斗はボランチに入ります。

f:id:sr2460:20160523152124j:plain

 

 

この交代は成功。前半の状況を考えればはるかに良い。相手の懐にはなかなか入れませんがなんとか一点入ってくれれば。

しかし攻めればそれだけ威力が増すのがカウンター。

仙台が左サイドから見事なカウンターを発動させ、ついにベルマーレのゴールをこじあけます。

ここからさらに攻めるベルマーレ。しかし鳥人渡部博文を中心に守り倒したら高さでは破れないのがベガルタ仙台。

ラストのセットプレーでもなんとかボールを動かし、選択した低いボール。

www.youtube.com

 

しかしハンドとはならず無念のタイムアップ。喫してしまった致命的な2連敗。

正直痛い。痛すぎる連敗となってしまいました。

 

全体の感想とか試合後のこととか

やることは変えない。といいつつもマイナーチェンジを必死に模索し理想と現実の狭間を必死に模索しているように見えるチョウ・キジェ監督。

思い切って守備ブロックを9枚前線2枚みたいにしようとしてもそれは「極めて高級な」ものを買う必要があってとりあえず現実的ではない。

実はこのくらいの状況でも2004新潟。2013甲府。2013清水。2015甲府。と残留にこぎつけたパターンはなくはない。

しかしオゼアス、パトリック、ラドンチッチ、バレー。そのための方策は単純な分出来ないクラブには絶対できなかったりもする。

とりあえず今あるカードでやるしかない。それをやりつつ逆転の策を。総力戦となっているベルマーレ。サポーターができることは何になるのか。

・・・

え~試合後の一軒に関しては経緯が分からない以上書く事は無し。分からないことは極力書かない。もしかしたらなにか関連したものを書くかもしれないけれど。