ランダムおすすめ記事

J2 第34節 湘南ベルマーレ対京都サンガ 後半は防戦一方も終わってみれば勝ち点1。

2017年J2リーグもいよいよ終盤戦。

昇格、プレーオフ、残留など目標も定まりつつありそれに伴って相手のマークも厳しくなっていきますが・・・。

 

 前半は互角・・・もムルジャ投入あたりから逆に劣勢に

相手は京都サンガ。前節は岡本のゴールでロスタイムで勝利しました。

ただその時は闘莉王がおらず京都のロングボールやクロスの迫力が後一歩足りませんでした。

しかしこの日はFW(?)に闘莉王が入りクロスへのパワーが増していました。

ただリーグ最少失点を誇るベルマーレもピンチは作るものの失点はせず。

そのうちいつものように少しづつ試合を落ち着け始め互角に近い状態に持って行きました。

ここからいつもは得点し、相手の攻撃を上手くしのぎきって勝ってきたベルマーレ。

しかしこの日はここからなかなか点に繋がるような動きができませんでした。

地味に端戸がいないことが効いていたのかもしれません。

ということなのか一番最初の交代は野田⇒ムルジャ。

野田ちゃんはフリーで抜け出したシーンで上手く決めていればなぁ・・・。

 

ついにムルジャとジネイの最強の前線!!!と思ってみていましたが、ここらへんから逆に旗色がドンドン悪く・・・。

正直終わってみればこの交代は悪手でしたね。

二人共適性は1トップの頂点なので2トップやどちらかがシャドーに入る形だとうまくいかないのかも。

ムルジャ、ジネイでいくならまだ連携など時間が必要なのかもしれません。

・・・なにしろベルマーレはここからピンチに連続に。

特に闘莉王に合わせてくるボールは少々無理目でもパワーで何とかされてしまうので何回もシュートに持って行かれていました。

ただキーパー正面だったり当たり損ねだったり京都も決定機をものにすることができません。

これはJ1だったら2回くらいやられていそう。

ただ結果としてこの日はどうにかゴールを守りきり引き分けに。

試合内容を考えれば勝ち点1という結果自体は上々でしょう。

しかし残り試合数、そして優勝を目指すなら次は勝ちたいですねぇ。

だいたい優勝チームは勝ち点85くらいとってJ1に行っていおります。

そうするとあと5勝くらい必要なので。

ベルマーレは名古屋や福岡といった強豪を残していてそこらへんは激戦が予想されますし・

J2に昇格したクラブ。その中で1位昇格のチームは翌年必ず残留していますので、ここまできたらなんとしてもそこを目指していきたいと思っております。