ランダムおすすめ記事

町田ゼルビア対名古屋グランパスの不可解な退場のシーン。実況の野村明弘さん、解説の戸田和幸さんは見事だったと思いますよ

8/16(水)19:00に行われたJ2第28節。

判定自体は非常に不可解だったと思います。それに関しては色々な方が話していると思うので脇に置いておいて、僕は実況の野村明弘 解説の戸田和幸さんがとてもわかりやすくて、見事だったなあと思いました。

 

 問題のシーンはこちら

問題のシーンはこちらです。

 

www.youtube.com

 

まず戸田さんがキーパーとの一対一の状況を止めた。

つまり30秒あたりから決定機の阻止によるレッドカードだということを説明します。

接触がさほど悪質でなくても決定機の阻止とみなされれば一発レッドになるのはルール通り。まずその前提条件をきちんと伝えます。

そして1分30秒あたり。主審が誰にレッドカードを提示すべきかを迷っていることを伝え、かつその20秒ほど後にはおそらく足をかけた深津であろうということを視聴者に提示します。

2分30秒あたりでは野村さんと戸田さんでレッドカードが出たことを再度確認。

さらに戸田さんが審判団がレッドカードが起きた状況をクリアに出来ていないのではないかということを伝えてくれます。

3分30秒あたりで全く別の選手が退場になります。

深津が足をかけたこと。さらにレッドカードは間違いなく提示されたこと。

審判団も混乱していることが分かっていたのでこのシーンはかなり素直に入ってきました。

「ああ。誤審だろうな・・・」と。

ここでもう一度リプレイ。

平戸は全くプレーに関与していないことが確認されます。

ここで戸田さんが言葉を濁さずにはっきりと

「どう考えても平戸でないとおもいますから」。

おかしな判定にはおかしいと言ってくれるのは視聴者としては非常に助かりました。

 

さらに戦術的にDFが退場にならなかったので交代を取りやめたこと。

ここでさらに実況の野村さんが

「後日平戸の退場が取り消しにならないとおかしい」ということを話し、このレッドカードが誤っていたと判断された場合平戸の次節の出場停止は無くなるということを伝えます。

とふたつの重要な情報を素早く発信。

その後シャビエルのゴール。

その後

「退場のところは主審、副審、さらにフォースオフィシャルもいたので誰か見ていなかったのか?」

という風に伝え、審判団が迷った時にはピッチの外にいる第四の審判が助けに入れることができるという情報も伝えてくれます。

 

これらのような実況解説があった上で

「物議を醸すシーンになるだろう」と締めました。

 

とてもわかりやすかったと思う

まずファールが起きた際にどのようなルールが適用されてレッドカードが提示されたかすぐ分かりましたし、その後も不思議な状況をきちんと理解し視聴者に伝えてくれました。

なのでまず誤審であろうということや、おそらく後日レッドカードが取り消し(⇒変更)になることもすんなり入ってきました。

なによりおかしな状況にはきちんとおかしいと言ってくれるのが非常に素晴らしかった。

戸田さんの解説に対し実況の野村さんが適宜適切なフォローを入れてくれたのも見事でした。

 

・・・

 

おそらくこのシーンはこれから物議を醸すんだろうと思いますが実況、解説は非常にわかりやすくて僕は実に見事だったと思いました。