ランダムおすすめ記事

ニンジャスレイヤー。不滅のニンジャソウル3 キリングフィールドサップーケイ感想

ニンジャスレイヤー第三部の第三巻の感想です。

 

 

やはりこの世界感が好きかも!ザ・ブラック・ハイク・マーダー

おおう!珍しい!!!っていうか初めてなんじゃ!!!??

というのもこのお話は語り手がいてその語り手が話している。

そういう手法をとっているのです。さらにこれは暗い夜の連続殺人事件の物語。

そう・・・そうです。事件といえば探偵。このお話の主役はガンドー=サンです!!

漂うミステリーなアトモスフィア。この話はニンジャスレイヤーの中では異端児といっていいお話でしょう。

お得意様からの人探しの依頼。巷で起こる連続殺人事件。

当初は関連しないと思われていたこの2つの事件が思わぬ関連性を見せ始めます。

しかし突然訪れた事件の終結。これでこの事件は終わり・・・。しかし・・・。

この事件は解決と語られてからの緊張感が凄まじいんですよ!!!

わずか40ページほどの短いお話ですが、スピード感以上に重厚感を持たせているのがすごい!!!密度は本当にすごかったです。短いなんて感じさせませんよ。

このエピソードは!

 

 

ちなみに物理書籍独占収録ということでみなさまぜひ買おう!

他にもキリング・フィールド・サップーケイ。ヘイル・トゥ・ザ・シェード・オブ・ブッダスピードなど癖があるけど面白いエピソードがずらり!!

はっきり言って買うしかない!!買おう!買おう!買おう!!!

 

ニンジャスレイヤー キリング・フィールド・サップーケイ (不滅のニンジャソウル # 3)

ニンジャスレイヤー キリング・フィールド・サップーケイ (不滅のニンジャソウル # 3)

  • 作者: ブラッドレー・ボンド,フィリップ・N・モーゼズ,本兌有,杉ライカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2015/11/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る