読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

2016 J1第11節 湘南ベルマーレ対FC東京~やっぱり重要だった石川俊輝のアンカー~

2連勝で迎えたFC東京戦。当然3連勝を目指し戦ったものの序盤から劣勢。

前半20分にFC東京の河野広貴に先制点を許す苦しい展開に。

後半になり端戸仁に変えて石川俊輝を投入。石川をアンカーに配置したことでようやくボールが回りだすものの守備的に戦うFC東京を崩しきることが出来ず。

悔しい敗北となりました。

 

石川俊輝をアンカーに置くということ

ベルマーレはこの試合。3バックにシステムを変更。しかしこれは裏目に出ます。

f:id:sr2460:20160511184439p:plain

 

特にボランチの2枚が横に並んでいる状態がFC東京の格好の標的になってしまいプレスを剥がすことができませんでした。

 

大介やアーリアがDFラインに落ちてビルドアップに参加する場面もありましたが不発。

ベルマーレは東京のプレスをかいくぐれませんでした。

f:id:sr2460:20160511184928p:plain

f:id:sr2460:20160511184935p:plain

f:id:sr2460:20160511184938p:plain

 

 

DFラインとボランチでなんとかかいくぐろうとするもののどうにもうまくいかず

f:id:sr2460:20160511185545p:plain

f:id:sr2460:20160511185549p:plain

 

これではどうにもならんということで後半は端戸に変えて石川をアンカーにおくことにしました。

石川が頻繁にDFラインに入りビルドアップに参加。その結果DFラインのボールを回す能力がアップ。FC東京が守備的に来たこともありようやく前にボールを運べるようになります。

f:id:sr2460:20160511190058p:plain

f:id:sr2460:20160511190126p:plain

f:id:sr2460:20160511190132p:plain

 

 

石川がDFラインに入ることで三竿や奈良輪が高い位置を取れるようになったりアーリアや大介も攻撃的にプレイできるようになりました。

 

・・・とここまでは良かったのですがやはり前半に失点していたのが痛かったです。

米本、丸山、森重、高秀先生に秋元までいるFC東京の守備は固くシュートまでも行かせてもらえませんでした。

このメンバーで甲府でならした城福監督が守ってきたらそりゃあねえ・・・。

さすがにドン引きってほどではなかったですけど厳しかったです・・・。

先に失点していなければ展開も変わっていたと思うんですけど。残念でした。

実は石川は前日練習で軽く接触があったので大事をとってサブからだったんじゃないかと。練習見る限りスタートから行きそうだったので。

もしそうならちょっと高くついてしまったなあと思ったり思わなかったり・・・。

そういう意味でも悔しい敗戦でした。

 

全体的な感想

バイアの右足はちょっとガチャガチャすることがありますし、ツボさんはビルドアップより守備が得意なので、石川がいてくれないとボールが回っていかないということなんだなぁと。そんなことが非常によくわかる試合になってしまいました。

アンカーはアーリアとか大介でもできるんじゃ?とか言われると・・・この試合を見ているとちょっと石川じゃないと・・・とか感じました。

視野の広さ、ボールを捌く抜群のテクニック、守備でも体張ってくれますし。

アーリアや大介もテクニックはあるのですがあの石川の動きは「じゃあやって」と言って簡単に真似できるようなものでは・・・。

・・・。

とにかく今は彼に怪我をしないで無事に居てくれるよう祈るしかない!!

今のチームにおける石川俊輝の重要性が浮き彫りになって試合でした。

ここから福岡、仙台と落としてはいけない試合が続きます。

気合入れていきましょう!!!