読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

湘南ベルマーレ対鹿島アントラーズ 4-5-1は確かに解決策のひとつかも知れない

まず写真だ!写真を貼る!!!

 

スタジアム場外の写真

この日はスタジアムに佐藤美希さんが来てくださいました。去年は川崎フロンターレ戦に来ていただきました。

 

去年のようすな

sr2460.hatenablog.com

 

 フードパーク

f:id:sr2460:20160417104903j:plain

 

ベルマーレクイーンさん

f:id:sr2460:20160417104934j:plain

 

ゴールキーパー陣も試合のお手伝いをしていました

f:id:sr2460:20160417104948j:plain

 

人気絶頂の神

f:id:sr2460:20160417105134j:plain

 

 横浜ゴム様

f:id:sr2460:20160417105154j:plain

 

アーリアチャント継承されるの巻。長谷川アーリアジャスール!!!

www.youtube.com

 

アントラーズとベルマーレ。被災者に向けた横断幕

f:id:sr2460:20160417105232j:plain

f:id:sr2460:20160417105255j:plain

 

思いはひとつ

試合の感想

写真も終わったところで試合の話を。

この日はシステムを変えて4-5-1。相手との力関係もありますが戦い方も少し自重したものになっていました。まあ実力差もあり普通に完敗でしたが。

ちょっとここでベルマーレの守備の話。

遡るのは2013年。この年はいいサッカーをしながら守備がどうしても持ちこたえられずに決壊してしまっていました。

それもその筈でこの年の3CBは鎌田翔雅、大野和成、もう一人は島村だったり宇佐美だったりハンジンだったり。

2節に豊田陽平のハイボール爆撃に屈したように(試合自体は引き分け)編成上どうしてもJ1レベルのパワー、特に高さの部分についていけませんでした。

(後半戦復帰した遠藤航も当時はまだJ1では標準か少し下くらいの選手でした)

 

ただしこれは守備陣の編成がどうしてもうまくいかなかったことが原因で、戦術的な部分で大きな誤りがなかったということは2014年J2。2015年J1で証明されていました。

 

問題の解決策としての4-5-1

その点を踏まえて今年のことを。CB三枚の布陣で三竿を使うなら岡本は使えません。それは三竿172cm。バイア182cm。岡本174cm。この布陣は高さで簡単に攻略できるからです。

ただ1対1の強さ。守備の安定感を考えると確かに岡本は使いたい。

そういう意味もあって4-5-1だったんじゃないかなあと。これは守備の問題の解決策の一つとしては理にかなっているかもしれません。

まあキーパーの問題とかチーム全体の問題で結果が出るかはわかりませんが。

せめて菊地俊介がいれば2CBの一枚に入れるとかボランチの底で高さと守備力を補強するとかやりようがあったんですけどね・・・。

つかホント岡崎頑張って!!!

 

試合後

永木亮太が挨拶に来ました。

www.youtube.com

 

真壁会長。何を思う・・・。

f:id:sr2460:20160417113721j:plain

 

 

2013年より戦術的な上積みはあるし通用している部分は多いんですけど勝ち点はそれ以下というのがサッカーというのは難しい。

個人的に最近色々言いたいことがあってそれはベルマーレのこともそうなんですけどそれは今のJリーグの構造についても・・・。

まあでもこれは書かないかもわからんね。

・・・というわけで今回はこれで終わりです。皆様お疲れ様でした。