読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

ベルマーレのSNSが世界レベルになるかも!湘南ベルマーレ公式twitterがJX通信社のコンテンツ自動生成システムを導入

本日2月24日にこんなリリースがありました。

湘南ベルマーレ公式twitter JX通信社コンテンツ自動生成システム導入のお知らせ « 湘南ベルマーレ公式サイト

 

そもそも何が起こるの?

このサービスによって何がおこるか?それはこのブログを見るとわかりやすいです。

スポーツクラブに求められる「ウェブ時代の情報発信力」 J1湘南ベルマーレの事例から学ぶケーススタディ : 未来を探求するブログ

 

以下抜粋です。

 

まずはこれを見て欲しい。ベルマーレのスタメン一覧だ。相手チームの分まで記載されていて親切なように見えなくもないが、結論から言えば「ダメ」な事例だ。

 

 

これがマンCだとこうなる。グラフィカルで直感的に分かりやすい

 

浦和は別のアプローチで、GIF動画を仕込んでいる。ちょうどスタジアム内スクリーンの選手紹介をtwitterに移植したイメージに近い。520RT。

 

ちなみに @bellnews12 の場合はこう。スタメンのデータをJリーグサイトから読み取り、そのデータを使ってGIF動画をリアルタイムに自動生成・自動投稿している。

 

 

問題は投稿がどれだけ多くの人の目に触れるかだ。鍵になるのは、画像や動画をうまく活用することだ。現代のスマホ文化では、テキストなんか読んでもらえないと思ったほうが良い。

画像や動画がリッチだと、その投稿は拡散されやすくなる。

 

ベルマーレのtwitterが画像や動画を駆使したマンCのような世界レベルのものに進化する。それによってより多くの人がベルマーレのツイートを見るようになる。

・・・ということですね。(合ってるよね!大丈夫だよね!)

ただしその情報をtwitterで発信するのは基本的に1回きり。それに対していちいち動画や画像を作るのは手間とコストがかかる。

ならば自動で作ってしまえばいい。

そしてその自動で作るシステムがJX通信社さんの「XWire」ということです。

このシステムによってベルマーレのtwitterが動画や画像を駆使したものに進化するんですね。

 

・・・まあこれ細野さんのツイートをそのまま書いているんですが。

Yuki Hosono (@healthyboy5) | Twitter

 

実際本当に効果があるの?

実際本当に効果があるの?

先ほどの細野さんのブログにも表がありました。

スポーツクラブに求められる「ウェブ時代の情報発信力」 J1湘南ベルマーレの事例から学ぶケーススタディ : 未来を探求するブログ

 

アカウントフォロワーRT1フォロワーあたりRT数
浦和レッズ公式 102000 520 0.005
湘南ベルマーレ公式 35000 69 0.002
@bellnews 2700 41 0.015

 

 

1フォロワーあたりRT数。これを見ると差は歴然ですね。

 

また僕のような小さなブログでもブログを発信する際に使用する画像で反応が変わることは感じております。

 例えばこの記事

湘南ベルマーレ対松本山雅戦の写真などなど

 

いつもとそんなに変わらない内容なのにこの写真を使ったらものすごく反応が良かったです。

f:id:sr2460:20160224194234j:plain

 

いつものスマホよりいいカメラで撮影しましたし、被写体も良かったと思うんですがまさかここまで変わるとは・・・と驚いた記憶があります。


twitterにおいて画像や動画は超大事。この提携はベルマーレの情報発信力を上げるのに大いに役に立つと思います。

 

その他サービス

このサービスを提供するJX通信社さんに細野雄紀という方がおり( このブログを書いた人ですね スポーツクラブに求められる「ウェブ時代の情報発信力」 J1湘南ベルマーレの事例から学ぶケーススタディ : 未来を探求するブログ )

 

この方がベルマーレサポーターということから今回の提携が始まっています。

細野さんは他にも

【超速報】湘南ベルマーレNEWS (@bellnews12) | Twitter

f:id:sr2460:20160224190724p:plain

 

JサカGoGoなども手がけています。

JサカGoGo - 無料の国内サッカー速報ニュースアプリを App Store で

 

興味があればチェックしてみると良いかも。(僕は両方使ってます)

 

なにしろベルマーレのtwitterがパワーアップするのは間違いなし。

特に試合の日は凄そうです!ワクワクしてツイートを待ちましょう!