ランダムおすすめ記事

J1昇格プレーオフでぼくが一番印象に残った中村航輔のとあるプレー

サンフレッチェ広島対マゼンベのクラブW杯は途中からしか見られなかったので書けませんです。

今日書くのはJ1昇格プレーオフでぼくが一番印象に残った中村航輔のとあるプレー。

好みのプレーとも言えるかも。

 

ロスタイムに入る間際のパンチング

それはロスタイムに入る間際のプレー。

スローインから始まったプレーから高いクロスボールがゴール前に!!

www.youtube.com

 

中村航輔がパンチング!

しかしこれはキーパーチャージになってアビスパ福岡ボール。

僕はこのプレー好きなんです。

なにがいいか?それはパンチングした場所。

f:id:sr2460:20151213223001p:plain

 

中央に弾いてしまうとゴールが中央のすぐ近くにあるのでそのままシュートされてしまう可能性が高い。

ボールが来た方向にそのままはじき出すのもたくさん人がいて危険な感じ。

だから逆サイドのできるだけ外側にパンチできると危険が少なくていい感じです。

基本的なことだと思うんですけどこういう時に逆サイド外側にきちんとパンチングできるのはいいですよね。

こういう細かいプレーをきちんとできるキーパーは好きなんです。