ランダムおすすめ記事

J2 第31節。水戸ホーリーホック対大宮アルディージャ。鈴木雄斗のゴールで水戸が首位大宮を下す。

厳しい順位ながら西ヶ谷監督就任以降は結果と内容が向上しつつある水戸ホーリーホック。ここのところ少し足踏みを続けている首位大宮アルディージャをホームに迎えました。

 

序盤大宮ペースもブロックを作ってしっかり守備

序盤大宮が攻めます。やはり個の力はJ1級。組織としての完成度はそこそこでも相手を押し込んでしまうパワーがあります。

ただし前回の対戦でチャンスを作られた泉澤選手には鈴木選手と田向選手が連動してよく抑えていました。

また、大宮は家長選手が出場停止。明らかに前回対戦時の破壊力を欠いておりピンチは作られるもののなんとか凌ぎきっていました。

J2 第9節 水戸ホーリーホック対大宮アルディージャ。あまりに無慈悲な泉澤アタック。 

 

後半は水戸ホーリーホックペース

前半は4-4のブロックをしっかりつくり、時には鈴木武蔵選手以外全員で守り倒していたホーリーホック。

ただし守備一辺倒というわけではなくきちんとカウンターできるのが今の水戸のいいところ。時折相手ゴール前にせまり大宮を牽制します。

この様相ですが後半に入る変化します。馬場選手が少しフリーに動きボールをサイドでさばきだします。ここで収まると田中雄大選手や田向選手がオーバーラップできるようになり、少しづつサイドを制圧できるようになりました。

岩尾選手を経由した華麗なパス回しはできないもののサイドから縦に押し込んだり鈴木武蔵選手を裏に走らせたり、やれることを無骨に続ける選手たちにご褒美が。

縦に入ったボールを鈴木武蔵選手が体を張ってキープ。素晴らしいタイミングでオーバーラップしてきた田中雄大選手にパス。最後は走り込んできた鈴木雄斗選手が決めてついに水戸が均衡を破ります。

 

試合は1-0で試合終了。水戸ホーリーホックが首位大宮アルディージャを下す

大宮もムルジャ、マテウスといった反則級の選手がゴールを陥れようとしますが水戸は安定した守りを見せます。

ロスタイム3分を終えタイムアップの笛。見事なウノゼロ。水戸ホーリーホックが勝利を収めました。

この日良かったのは鈴木雄斗選手。守備でハードワークしながら攻撃に出て行き、積極果敢にゴールを狙う怖さがありました。

攻守両面に置いて貢献度が大きく少し見ない間に成長しているように見えました。

また鈴木武蔵選手ですが今のままレギュラーを取れればすごく成長しそう。

与えられているタスクが多く成長にはうってつけの環境。ひと皮むけるかもしれないです。本当はうちに宮市剛くんがやる予定だったんですけれど・・・。

・・・なんにせよ首位大宮に自信のつく勝利!これは水戸にとっては大きいのではないでしょうか?