読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

会計ソフトfreeeでクレジットーカードの内容を銀行口座に登録するときに気をつける点 

ビジネス

こんにちは。

またしても会計ソフトfreeeのお話です。

freeeではクレジットカードで使ったお金を広告宣伝費などの科目で登録しておくことができます。

実際に銀行口座で引き落とされたら、freeeそれを認識してくれます。

よって以前クレジットカードで使ったお金と実際に銀行から引き落とされたお金をリンクさせることができるのです。

これを口座振替・カード引き落としといいます。

 

 

 やり方はこのページに書いてあります。

クレジットカードの利用内容を記帳する(一括払い) – ヘルプセンター

 

少し補足すると

 

左上に楽天カードと書いてありますね。ここがカードの場合は広告宣伝費などの科目を登録してください。一つずつ登録してくださいね。

 

 

 

後日クレジットカードで支払った分が銀行口座から引き落とされます。

これは月の支払いがまとめて登録されます。

ここで口座振替・カード引き落としというタブに移動して

銀行口座→クレジットカード

となるように操作をして右上の登録を押してください。

今回銀行から払った分は以前クレジットカードで支払ったものですよ!

と登録ができます。

 

注意すること

左上がカードと書かれている場合(今回はJCBカード)広告宣伝費などの科目で登録してくださいと書きましたね。

f:id:sr2460:20150811125536p:plain

 

この時に「そういえば「口座振替・カード引き落とし」はどうなっているんだろう?」と思ってクリックします。

確認終了!じゃあ登録しよう!と右上の登録ボタンを押す。

f:id:sr2460:20150811125630p:plain

 

 

これダメーーーーーーーーー!!!!

 

もしもタブをクリックして口座振替・カード引き落としという項目を見てしまったら、カンタン取引登録に一回もどる。

f:id:sr2460:20150811125925p:plain

 

そうするとさっき行ったはずの広告宣伝費の登録が消えているんですよ。

タブになっているからカンタン取引登録と口座振替・カード引き落としは、同時に登録できるように思えますが基本的に不可能。

とにかく

もしもタブをクリックして口座振替・カード引き落としという項目を見てしまったら、カンタン取引登録に一回もどる。

そしてもう一度科目を登録してそのまま移動せずに登録ボタンを押してください。

口座振替・カード引き落としはあくまで銀行口座から実際にお金が引き落とされた時に使うのです。

 

 

もしも間違えて登録してしまったら

間違って登録してしまった場合の対処法。

 

左上の取引の一覧をクリック

f:id:sr2460:20150811131020p:plain

 

そして左上の口座振替というのを押してください。

f:id:sr2460:20150811131020p:plain

 

こういう一覧が出てきますので間違えて登録した取引をクリック

f:id:sr2460:20150811131604p:plain

 

 

こんな画面が出てくるので右下の明細の詳細というのを押してください。

f:id:sr2460:20150811133154p:plain

 

 

左上に登録の解除というのがあるのでここで解除をしてもう一度取引を登録し直してください。

f:id:sr2460:20150811133249p:plain

 

 

freeeに詳しい税理士さんや会計士さんと組むこともできる

freeeには認定アドバイサーさんという方たちがいてfreeeをよく知る税理士さんや会計士さんのアドバイスを聞くことも可能!

まあそれは使わなくても有料会員はチャット形式のサポートセンターにすぐに質問をすることができます。チャット形式なのでリアルタイムですぐに疑問が解決できますよ!

これは本当にすごいサービスです。

まあfreeeの認定アドバイザーでなくてもこのような会計ソフトに詳しい方はいらっしゃるでしょうしね。

 

 

なにしろ登録は無料なので、まずは登録していろいろいじってみるのがいいかな~って思います。実際便利ですよ!

会計知識がない僕でもなんとかなりますからね!

 

 

 

関連記事

会計ソフトfreeeで元ニートが初めての法人税確定申告~その1