読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

J1第19節 湘南ベルマーレ対ヴィッセル神戸 ナイスゲーム!レベルの高い相手に互角以上の戦い。

中3日。

しかも平塚から神戸に遠征というハードな日程の中メンバーはほぼ変わらず。

大竹洋平→藤田祥史が入れ替わったのみのスターティングメンバーとなりました。

 

序盤はプレスがハマり藤田が特徴を生かす。

前半から湘南は鬼のように飛ばします。

大槻と高山のみならず藤田も献身的にプレス。神戸を自由にさせません。

ただしそれは神戸も同じこと。特にボランチ二枚に対しては厳しく当たってくるので思うようには攻撃ができませんでした。

そうすると活きてくるのは藤田。

ロングボールを胸でトラップするなどうまいところを見せ前線で起点となります。

マリノスでは孤立気味のシーンが多かったですが、きちんと周りにフォローがあればグラウンダーのボールでもタメが作れるようで今後非常に重要な戦力になる予感がしました。

 

特徴を出していた藤田祥史。今後重要なピースになる予感

f:id:sr2460:20150715222337p:plain

 

 

先制されるものの永木のファインゴールで同点に1-1で折り返す

しかしサッカーとは不思議なもので押されていたヴィッセル神戸が先制します。

湘南の左サイドで相手につっかけるものの取れず。右サイドに渡ったボールをインターセプトしようとするもわずかに届かず。

中央に入ったボールを人数をかけて取りに行き、奪えそうになるもののどうしても相手にボールがわたってしまい、最後は高橋峻希の豪快ミドル。

ああ・・・少しの差なのにどうしても取りきれない。そして最後にとんでもないシュート。これってやっぱりJ1だなあ。こういうレベルだよなあ。的な失点でした。

ここで少しペースが落ち着き神戸ペースが続きますがベルマーレも持ち直し反撃。

大介が球際で粘り込んで前に繋ぎ、高山が開けた真ん中のスペースに永木。

どフリーの状態でミドルシュートが突き刺さり1-1。

大きなゴールが入り前半はそのまま終了します。

 

プレスがハマり続けるも息切れ。しかしナイスゲームだった

後半に入っても前線からの組織的な守備がハマり続け神戸に自由を与えません。

ただし神戸もさすがに個の力と組織力ともにハイレベルで得点には至らず。

最後の10分くらいは前半からぶっ飛ばしたツケか疲労が目立つ展開に。

57分に藤田に代えて石川。83分に大槻に代えて大竹を投入。この交代で神戸に点を取らせなかったという効果もありましたが、前線に高さがなくなったので攻撃もパワーダウン。

ただ二人共かないりへばってプレスバックができなくなっていたので仕方ないですね。

結局1-1のドローで試合は終わります。

ただしこのレベルの相手にここまでできたのは収穫。内容のあるナイスゲームでした。

 

内容のあるゲーム。単純に面白いと思える試合

f:id:sr2460:20150715225608p:plain

 

ジャッジはあれはどうなんだろう?

ジャッジについてですがこの日はかなり流し気味でした。

これは反則だろうという場面が流れたりしてベルマーレ的には助かりました。

普段はもっと笛を副審判が多い気がするので、これが審判みんなが共有する基準があって流しているのかそこから逸脱しているのか?

できれば深く掘り下げる検証の場を設けてオープンにして欲しいと思いました。

ただACLとかいくとあのくらいやらないといけない場面もあるんじゃないかなあと思ったり思わなかったり。ACLはACLでジャッジがおかしいことがよくあるように思えるのですが。

 

なにはともあれ強いチームに内容がある試合ができたのは良かった。

日曜日はホームShonan BMWスタジアム。クラカンに出席後、色々と因縁のあるヴァンフォーレ甲府戦です!