読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

これで勝てなかったのは辛かろうなあ。水戸ホーリーホック対ロアッソ熊本

2015年水戸ホーリーホック

 本年度は縁のある選手が多い水戸ホーリーホックも追いかけさせていただきます。

水戸ホーリーホックのフォーメーションは以上のとおり。

対するロアッソ熊本のフォメーションは以下のようになっております。

f:id:sr2460:20150721155754p:plain

f:id:sr2460:20150721155756p:plain

 

 

馬場と宮市で流動的に動きながらチャンスを狙う形

2トップになっていますが、状況によっては右サイドハーフの吉田も加わった3トップのような形にもなっていました。

プレシーズンマッチでは宮市がサイドのMFをやっていたのですがサイドラインギリギリにはっていた時間が多く2トップとは距離がありましたが今日は大丈夫でした。

馬場ちゃんはフリーに動き回りながらいろいろな仕事をこなしていました。

献身的なプレスもさすがですね。宮市は馬場ちゃんのフリーランニングしたスペースに縦に走りこんだりサイドに流れたり、やっぱり適性はWGなのかなあと思いました。

 

宮市は一年レギュラーで試合に出られれば相当成長できる

しかし宮市は相手を背負ったりハイボールを競り合ったりするような汚れ役も担当しておりやることは非常に多かったです。

ただ、ちゃんと出来たかと言われるとポストプレーもまだまだ収まらないしハイボールもそれほど勝てなかったです。

体格的には小さな馬場ちゃんの方がやっぱりポストもうまかった。

(ハイボールはさすがに強くないですが)

後半から出てきた三島が鬼のようにエアバトルが強いので彼の頭に目掛けるサッカーでも結構なんとかなりそうなのですがそれでも宮市を使って色々な仕事をやらせてくれてるのはありがたいことで、なんとか試合に出て成長してもらいたいです。

 

岩尾はものすごく存在感がありましたが・・・

味方からのパスをダイレクトで縦に強く楔を打ち込むなど岩尾の良い部分が非常によく出ており、存在感抜群、中盤の支配者でした。

彼はキックもうまいですし中盤の底なら視野も確保できますからガンガン危険なパスを出してくれます。

正直チームに欠かせない選手になるでしょう。

ただし守勢に回った時の守備はやはり心配。岩尾はダブルボランチ2枚では内田より後ろの位置にいるため守備のタスクがもとめられます。

また場合によっては味方を追い越してもっと前の位置でアイデアを出していく必要があります。

湘南でも守備の面でたびたび弱さを見せていましたのでここが改善できるかがポイントです。守備がが成長しないとベルマーレに戻ってこられない可能性が高いと思います。

 

試合は水戸ペースでしたが

2トップに両サイドMFが上手く絡み、時には3トップに見えるくらい押し込んでいたのですが、点は奪えず。

サイドも中央もバランスよく使えていましたし、三島を使ってパワープレイ気味に行くプレイも非常に効いていました。

これで勝てないのは辛かろうなあという感じで見ていました。

ただ内容は本当に良かったですのでかなりいい位置までいくかも!

新加入選手の特徴もよく掴んでいたみたいでしたしやっぱり柱谷さんっていい監督だよなあ。