読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

今年は昇格組にとって絶対にJ1定着のチャンスの年です

こんにちは。

突然ですが今年はJ1定着のチャンスの年です。

まずJ1が3チーム降格になった09年の順位表を確認します。

J1 2009 順位表 / サッカー - TSP SPORTS

 

柏、大分、千葉が降格しました。2010年のJ2では柏がJ1昇格。

大分と千葉は昇格できませんでした。

実はJリーグは1年でJ1に復帰ができないとJ2暮らしが長期化する傾向にあります。

実際に千葉はいまだに昇格ができず、大分は13年にJ1に復帰しましたが一年で降格してしまいました。

つまりこの年にJ1常連の千葉が降格しJ2暮らしが長期化したために、J1常連の椅子がひとつあいたのです。

 

 

次に10年の結果。


J1 2010 順位表 / サッカー - TSP SPORTS

 

FC東京、湘南、京都が降格。

FC東京は翌年すぐに昇格しましたが、湘南はJ2で11位に沈みました。

京都はこの年以降J1に一度も復帰をしていません。

 

 


J1 2011 順位表 / サッカー - TSP SPORTS

 

降格したのは山形、福岡、甲府。

甲府は一年でJ1に戻りました。

山形は15年シーズンはJ1で戦いますが福岡はいまだにJ1戻ってきていません。

 

 

そしてこの年が非常に重要です。


J1 2012 順位表 / サッカー - TSP SPORTS

 

J1昇格初年度に年間5位と躍進した鳥栖が現れます。

14年度には優勝争いを演じ、日本リーグ時代から一度も降格したことがなかった千葉に変わって新たなJ1常連候補になりつつあります。

そしてJ1クラブの中で降格しないクラブは15クラブ。

その15クラブの一角の千葉が崩れ、山形、京都、大分などで争っていた枠を一気に鳥栖がとったのです。

 


J1 2013 順位表 / サッカー - TSP SPORTS

 

これが2013年の順位表。ここであの名門磐田が崩れます。

 

 

そして重要なのは2014年。

J1常連の磐田が一年で昇格できませんでした。一年で復帰できなかった場合J2暮らしは長期化する可能性が高い。


J1 2014 順位表 / サッカー - TSP SPORTS

 

つまりJ1をめぐる椅子が再びひとつ空いたのです。

今、J1常連の椅子をめぐる争いで優位に立っているのは甲府ですが、もしもセレッソか大宮のどちらかが昇格できないとすると一気にJ1常連レースの椅子に複数の空きができます。鳥栖のようにJ1常連のクラブになるまたとないチャンスなのです。

 

初昇格のクラブ。今度こそ定着を狙うクラブ。久しぶりに帰ってきたクラブ。

様々なクラブがありますが

とにかく

 

今年は今後を占う超大切な年だということです!!