ランダムおすすめ記事

遅くなりました。湘南ベルマーレ対FC岐阜。レビュー。策士ラモスとチョウさんの対策。

遅くなってしまいました。


FC岐阜戦のレビューです。

前半の初めはベルマーレのペース。
ここで決めきれなかったのが後で響きました。

前半20分くらいからでしょうか?徐々に岐阜が主導権を握り始めました。
特にサイドで主導権を握られる展開に。
攻撃を防がれた後にサイドに素早く展開され、攻めあがったスペースを効果的に使われていました。カウンター以外でもサイドでは上手くプレスを外されてましたね。

後でフォーメーションを見直したんですが、CB三人と守備的MF三人だったんですね。
最近は人海戦術で守備してくるチームが増えました。
もっとも守備的MFはWBのような感じでしたが。
中盤と後ろを厚くして、WBにはとにかく走ってもらってサイドで主導権を握り、ナザリトにアーリークロス気味に放り込むという狙いは、ものの見事に当たっていたと思います。う〜ん。ラモス侮れない。

ただしこのパターンで点が入らないと、中盤を厚くしてる分FWが少ないので失点はしないかな〜という感じでした。たまに攻撃的MFが一枚上がってきて危ない場面を作られてましたが。


前半は完全にラモスにやられていたのですが、後半にチョウさんが手を打ちます。
石川を投入。これが妙手でした。
石川をCBの右に配置し、さらに大竹をトップ下に移動。
相手の3-5-2に対してこちらも3-5-2でプチミラーゲームをしかけます。
これでようやくサイドで主導権を握れるようになり、ペースを握ります。
石川も航のように前に駆け上がりことが出来、周りを使って崩すこともできるので相手を押し込むことが出来ましたね。
アンドリューですと推進力があんまりなさそうなので、チャミと天秤にかけて石川を選択したのでしょう。かなりはまっていました。


しかしこちらもFWが2枚なのでどうしても点が取れません。
決定力のある祐也を早めに投入して、さらに白井まで投入しますが得点に至らず引き分け。
押し込まれてる時に変なシステム変更でもしてくれーねーかな、ラモスさん。とか思ってましたが、全然しませんでしたね。残念。

チョウさんは手を尽くしましたが後一歩届きませんでしたね。
リスク覚悟で後10分、石川を早く投入しても良かったかもしれません。
たらればですが。


試合内容は悪くなく、ハードワークもしていて、勝てなかったけどいい試合の部類だったと思います。ただ、ラモスさんの策がかなりうまくはまっていました。
こういう試合を勝ちきれると「本当に強いな〜」って思えるんですけれどね・・・。



↓投票していただけると励みになります。よろしくお願いいたします。