ランダムおすすめ記事

J2 第31節。湘南ベルマーレ対カマタマーレ讃岐。チョウ・キジェ監督の志の高さが分かる一戦。

こんにちは。
ベルマーレが鬼門、四国で勝利をおさめました。
これで16戦無敗ですね。

この試合ですが立ち上がりから執拗に中央を攻撃し続けました。

僕が見る限り、固執しているといっていいレベルでした。
内容が悪いと感じた方も多かったのではないでしょうか。
ですので、「これは栃木戦と同じく雷が落ちるんじゃないか?」と思っていた方もいらっしゃったようです。(追記:雷が落ちたのは熊本との試合でしたね。スミマセン)


けれどチョウ監督はのハーフタイムのコメントは

・前半、悪くはない。焦らずに自分たちのサッカーをしよう。



結構褒めていますね。
この言葉にチョウ監督の志の高さが表れていました。

つまりこれは
「中央だけじゃなくてサイドに振って、そこからクロスを放り込めばもっと押し込める。しかしそれは中央に厳しいボールが入ってこそ活きること。J1では中央の厳しいパスを入れさせてもらえない。でもお前たちはJ1でやりたいんだろ?それならサイドに逃げずに中央へのパス、最短距離にこだわれ」



こういうメッセージです。
僕はそう受け取りました。今までのチョウ監督の発言を見る限り、きっとこのようなメッセージを送っていると思います。


そしてその執念が遂に実ります。62分。
岩尾の中央へのパスを相手がミスしたところを岡田翔平!!!
素晴らしいゴール!!!!
相手のミスに乗じたラッキーなゴールともいえるでしょうがあれだけ執拗に中央を狙っていれば、相手だって疲労しますしミスもします。
そういう意味でこれはある意味狙い通りのゴールです。


二点目はサイドから。
シュートのこぼれ球をまたしても岡田翔平。
執拗な中央攻撃が活き、今度はサイドを攻略することが出来ました。
本当に素晴らしいゴール。


試合はこのまま2-0で勝利。


カマタマーレ讃岐は統制のとれた守備から木島を中心として鋭いカウンター。
最近好調なのが分かる試合内容でした。
僕ははっきり言ってかなりいいチームだと思います。

http://www.bellmare.co.jp/111244

試合後の監督はかなりご機嫌でしたね。
この相手に志を保ったまま完勝したんですから、これは嬉しいと思います。
本当にいい試合でしたよ。


そして岡田翔平。
裏に抜けるスピードが武器の彼がリトリートしてくる相手から二得点。
素晴らしいパフォーマンスです。
(あとは完全移籍するだけだねっ ボソッ)


あまりにいい試合だったので今日は真面目にレビューしました。
いつもはふざけたレビューを書くこともありますのでw