読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

メッシがアルゼンチンの英雄になるラストチャンスだと思ってみると今日の試合は面白い

2014年サッカー

サッカーに詳しくない人にこの選手を知ってるどうか聞いたとします。



ペレ

知っています。



マラドーナ


知っています。





クライフ


知らない人がいるかも



プラティニ



知らないかもしません




ベッケンバウアー



サッカーが分からない人は知らないかもしれません。





遠く現役を離れてもなお、知名度があるのはペレ、マラドーナくらいでしょう。



アルゼンチンにはマラドーナの後継者といわれた選手がたくさんいました。
オルテガ アイマール、リケルメ  テベス・・・etc etc
でも彼らはW杯で優勝できなかった。
ですからアルゼンチンの真の英雄。マラドーナに並び立つ存在にはなれませんでした。

ただ、彼らは英雄にはなれませんでしたが国内では愛された存在でした。
それはボカまたはリーベルという国内最大級の人気を誇るクラブでプレーしたからに他なりません。


翻ってメッシはいまいち国内では愛されていないと言えるかもしれません。
メッシが所属していたのはニューウェルズの下部組織。
名門ではありますが、やはり二大クラブに比べて格は落ちます。
また国内ではプロにならず、バルセロナでプロになりアルゼンチンではプレー経験がありません。ですからボカ、リーベル出身のマラドーナ二世候補と比べてもイマイチ愛着がわかないのです。



そんな彼がアルゼンチン国民のハートを掴み、なおかつ英雄になるためには
伝説の塗り替え

・・・つまり




W杯優勝以外では成し遂げられないのです!!!




あの天才マラドーナが成し遂げた伝説を上書きする。
今まで国民に愛されなかった男がすべてを手に入れる戦い。


そして

ペレ


マラドーナ




この二人に並ぶ、伝説の選手が生まれるかどうか
彼が三人目になれるかどうかが問われる一戦なのです。


今日の試合は伝説が生まれるかどうかの一戦なのですよ。


相手はブラジルに7-1で勝ち。出場停止も怪我もないドイツ。
一方のアルゼンチンは準決勝をPK戦で勝ち上がり休養も一日少ない。
怪我をして出られない選手もいます。


愛着は無くてもこの状況で国民はすがりつきます。
メッシという不出生の天才に。
メッシが国民の期待に応えれば今までのすべてが反転して、必ず英雄になります!
これはそういう一戦なんです。




さあ・・・


決勝戦


みたくなりませんか?



仕事なんて休んでみちゃおうよ〜〜〜〜〜






↓良ければ投票を


にほんブログ村


ちょっとだけ会社の宣伝を
「コラッピブック」