読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ランダムおすすめ記事

湘南ベルマーレ 13連勝 VSロアッソ熊本戦

アウェイ熊本戦も勝利し13連勝。

序盤は熊本の裏へのロングボールに苦しみました。

丸山が処理を誤り得点を入れられてしまい先制されたのは相手の狙い通りだったでしょう。

特に熊本FWの斎藤はパワーとスピードを兼備しており、ああいうプレーをさせるにはぴったりのように感じました。
ベルマーレのDFラインは足が速くないため、その弱点をうまくついてきましたね。



しかし前半の35分ごろから鋭い縦パスが入るようになり、攻撃の形が生まれ始めます。

惜しいシーンも作ったのですが、 前半は無得点でした。



得点が生まれたのは。後半の早い時間。
見事な連携から菊地大介がゴール。
これは本当に美しいゴールでした。利き足ではない左足で振りぬいたのもおもいっきりの強さがうかがえました。

真ん中に強いパスが通るようになったこと、ベルマーレの運動量が徐々に熊本を上回るようになったことで熊本はサイドのケアで後手を踏むようになったように感じました。
ただ縦のロングボールを航が処理ミスして、大ピンチを迎えていました。
これが入っていたら負けていたと思いますが、秋元が良く止めました。
二点目はベルマーレに入ります。
決めたのは大槻。
永木が粘ってクロスを上げたところを体ごと叩き込みました。
解説の方が「大好きなゴール」と褒めるほど泥臭いゴールでしたね。
三点目もクロスから。
ウェリントンがヘディングして跳ね返ったところを再びウェリが押し込みます。

得点が3-1になり、運動量も相手を上回っていたためこのままクローズすることが出来ました。
勝ちはしましたがベルマーレDF陣の欠点が露呈しましたね。
今年は大野も鎌田もいないためスピード系のDFは人材不足です。
今後も狙われる可能性は高いと感じました。
ただ今は苦しい試合をもぎ取った余韻に浸りたいと思います。

選手講評
GF秋元 フィードセーブ共に安定。失点シーンは仕方がない。

DF丸山 致命的なミスがあった。その後ミスをひきづるようなプレーをしていたのでそこで堂々としているメンタルを持てればもっと成長できる

DF遠藤 良いプレーが多かったが裏のボールの処理ミスは一点ものだった。

DF三竿 徐々に左サイドを制圧。特に後半は攻撃面で貢献した。

MF宇佐美 前半で交代。リードされていたし戦術上仕方がなかった。

MF菊地俊 ミスが多い時間帯でも的確なプレー。一回パスミスがあったくらいしか悪い部分はなかった。

MF永木 こういう苦しい試合だと良く走り、ボールに絡むキャプテンは本当に計算できる選手だ。

MF菊池大 ナイスゴールを決める。後半は三竿が一列あがったこともあり活躍の機会が増えた。

FW大槻 気迫のこもったゴールを決める。GKのロングボールをもう少しだけ競り勝てるようになるとグッと使いやすくなるのだが成長に期待。

FWウェリントン(MOM) ゴールはもちろんだが守備の献身は本当にすごい。もちろん前線攻撃の起点になる動きも素晴らしく本日のMOM。

FW武富 厳しいマークに苦しんだ。相手も彼のことをよく知っているので仕方がない。

MF藤田 後半サイドが活性化したのは彼の貢献も大きい。

DF島村 相手の攻撃を無難に防ぐ。ピンチ自体が少なかったが良かったと思う。

FW岡田 何度か裏にぬけて相手の嫌がるプレーをしていた。