ランダムおすすめ記事

湘南ベルマーレ対ファジアーノ岡山

湘南ベルマーレ対ファジアーノ岡山戦ですが
・・・桜がきれいに咲いていました。


ちょっと分かりにくいですね。


試合後に撮影したものを載せておきます。


試合はというと前半はかなり苦戦しました。前に行こうとすると岡山のポジショニングが巧みなのか、ボールをひっかけるシーンが多かったです。
もっとも相手チームもボールロストが多かったので、カウンターにはならずに済みました。

後半になって湘南が運動量で勝るようになり、圧倒的に攻め込むようになりましたが、
シュートをことごとく外し、なんだか嫌な雰囲気が漂い始めました。

しかし藤田のCKのこぼれ球を航が押し込んで先制点。
これでやっと一安心なのですが、その後もいくらシュートを打っても入らない。
終了間際に一点取られて追いつかれそうだな~~。とか思っていたら


決まりました

我らが背番号10。菊池大介!
ウェリントンのを後ろから追い越した瞬間に、素晴らしいラストパスが!
それを押し込んで二点目が入りました。
これで勝負ありです。
この記事にて、ゴールシーンの五分スケッチをやりました。下手くそすぎますが・・・。

これで六連勝!フクアリにも行きたいところですが、所用でいけず・・・。残念。




選手講評
GK秋元・・・キックの精度や安定感が光る

DF丸山・・・ハイボールでも負けず、すっかりDFラインの中核。

DF三竿・・・後ろから高精度フィードをガンガン送り込む試合展開ではなかったが
きちんとしたプレーぶり

DF遠藤・・・今季初ゴール。前半に一度危険なパスミスをしたが、徐々に安定感を
取り戻した

MF藤田・・・やはり突破力とクロスは魅力。守備技術は正直不安。

MF永木・・・それほど目立つプレーぶりではなかったが、要所を締めていた

MF菊地俊・・・やはり地味に貢献。ただ、永木との兼ね合いなのか攻めあがってシュートまで
行くシーンが増えていた。

MF菊地大(MOM)・・・松本戦ほどのインパクトはさすがになかったが、独特なリズムの
ドリブルと運動量を活かした守備は欠かせない。
左WBを任されてから、10番が似合う男になってきた。

FW岡田・・・サイドに流れる動きや一瞬の突破力は魅力。ただチーム戦術を消化しきれていないのか、守備時の動きが課題。守備の意識自体は高いのだが。

FWウェリントン・・・前半は普段に比べてボールが収まらなかったが、試合が進むにつれ本領を発揮。ボールを前に運ぶこともできる頼れる存在。

FW武富・・・岡田とは対照的にチーム戦術を消化したことで、貢献度が飛躍的に向上した。
後はシュートを決めてください。

FW大槻・・・途中交代で投入されてからは、鬼のようなチェイシングとボールキープで
貢献。控えに回ったことで奮起したように見えた。

MF宇佐美・・・試合に投入されてきちんとゲームを落ち着かせていた。

FW中村・・・出場時間短く評価なし。