ランダムおすすめ記事

ニートが救った命?(じゃないと思いますけど)

うちのお母さんは結構アクティブです。
よくお外に出かけます。
お父さんも出かけることがあります。
つまり安定して家にいるのは僕だけということになります。
現役バリバリのニートですし。

話は変わりますが。
うちで飼っている犬は保護犬です。

写真です



この子はペットショップで売れ残って処分される可能性があったので
ペットショップの方が引き取ったのですが、その方が亡くなったらしく
うちで引き取ることになりました。
この子は本当にいい子でとてもかわいいです。
うちに来てくれてよかったと思っているのですが、多分僕に時間がなければ
飼う可能性は低くなっていたのではないでしょうか?


この子は保護団体に保護されていたので、可能性は低かったと思いますが
やむにやまれず処分される可能性もゼロでは無かったと思います。

僕がニートだったから救われたと言ってはおおげさですし間違いだと思いますが、
これに関しては僕はニートで良かったと思っています。


たまに物事の視点をちょっと変えてみると少し面白いです。




殺処分ゼロ―先駆者・熊本市動物愛護センターの軌跡/三五館

¥1,575
Amazon.co.jp